プロフィール

ししょー

Author:ししょー
ばっきん…
罰金…


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけました

というわけでおめでとうございます。
今年も2日に1回くらいのてきとーなペースで書き続けようと思います。


さて新年早々ですが毎年愚痴っている事があるので今年もそれを書こうかと。

この時期やたらと目にするフレーズがあるのですが、それを見る度にもにょるのですよ。
それはコレ
「新年明けましておめでとうございます」
は?何をもにょるポイントがあるの?と思う方もいらっしゃることでしょう。
実はこの言葉、日本語として決定的によろしくない部分があります。
それは「新年」と「明けまして」です。この二つはどちらも意味するところが同じなので
この用法は二重表現になるのです。ら抜き言葉とか若者の日本語の乱れとか
そういう次元を超越してます。明らかに間違っている日本語です。
「明けましておめでとう」か「新年おめでとう」と、どちらかを使うのが正解です。

なのに下手すると…いや最近では下手しなくてもTVからバンバン聞こえてきます。
活字としてもあちこちで見かけます。嘆かわしいことです。
私のような偏屈者に心の中で嘲笑されてますよ。

コメント

新年明けたら初仕事でございます。v-39
あれだよね、前向きに考えると相乗効果ってことで(マテ
だって、そう考えれば、新年早々バイト先の備品破壊なんて事も、スッパリ無かった事に出来るってものですよっ。ね?ね?だめ?
日本語は日々進歩してるんだ。と激しく思い込みながら、ようやく年末からの疲れを癒せる黒幕でした。

ゆっくりオヤスミ…
でも破壊はダメよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://elpietta.blog68.fc2.com/tb.php/121-bc225e3a

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。