プロフィール

ししょー

Author:ししょー
ばっきん…
罰金…


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色い表紙が目に優しい

今日は部屋に帰り着くのがあと5分遅かったらズブ濡れでした
この時期は突然スコールが降るから困るw
去年それで下水道工事してた人?の人死にも出てるし笑い事じゃないんですけどね


さて本題
今日は前回2巻の感想書いたらヒット数がえらいことになってかなり驚いたw
そんなムラマサ3巻の発売日です

あの毒々しい色の2巻表紙から一転、今回は黄色くて目にとても優しいです
収録は18~26話まで、丁度剣の会本部編が始まってシロがリットンを殴るトコまで
いい所で切ったなあ…これじゃシロが少年漫画の主人公みたいじゃないか

関係ないけどチャンピオン絡みの話題で本部って書くと
「ほんぶ」じゃなくて「もとべ」って読みそうになる
そうだ 公園、いこう。
みたいなノリで…


読み返してみるとここら辺は本当にバトル続きでテンポ早かった
しかし絶妙なタイミングでシロの妄想タイムと回想が挿入されてて
毎回毎回楽しかった記憶が

そして個人的に最強だったシーン
ちゃぶ台の上に置いた堕ちた優等生をちらっする村咲さん
やばい、かわいい。萌え死ぬ

やっぱりね、恥じらいは大事ですよ
エレベーター内でのおでこちゃんの風攻撃時によくわかるのですが
村咲さんはスカートを鉄壁のガードで守ってるのですが
紺野さんは下スパッツはいてるからって完全にノーガードw
そりゃあもう無防備マン並のノーガードっぷりでいっそ清々しささえ感じる
でも実は、村咲家襲撃シーンの段階からこの二人のスカートは
対比的に鉄壁とノーガードの描写がなされてるんですよね

まーそんなわけでやっぱムラマサのヒロインは村咲さんですよ名前的に
と思ったのも束の間
後半から怒涛の紺野さんスーパーヒロインタイムが開始されるのです
最高潮はみんなわかってるであろう例のシーン
あの回は村咲さん派の私でもグっときた

おかげで感動?の親子の対面が霞む
この親子3巻だけで何回おっぱいって言ってるんだろう……山本家のDNAダメだw
いやーしかし最初にも書いたけどラストのシロは本当に格好いいわあ
普段がダメダメなだけに余計に

まあこのあとパパにおいしいとこ全部持ってかれるんだけどね
それはまあ4巻をお楽しみにってことにしておこう


そしてオマケ
なんかサイレン7巻の時も同じこと書いた気がするけど
オマケ充実してるっていいわあ…
哲弘先生の四コマ漫画力が確実に向上している…ッ!メキメキと向上している!
設定の方はおでこちゃんの本名や謎の妖刀使いの女の人の正体が判明したりとかで
今本誌でやってる展開とあわせてスターシステムなことが完全に確定したし
それにしてもゴッドハンド輝先生と同じ名前とは…あれかデコがテカってる所為か
あと直さん…物理的に縛る必要ないって…
この人は真人間だと思っていたのにw


そんなこんなで
トンボーは犠牲になったのだ・・・
のお陰でかろうじて生き延びた幸運を噛み締めながら今後も楽しもうと思います
でも流石に来年までは厳しそうだなあ…

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://elpietta.blog68.fc2.com/tb.php/404-ace7fb74

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。