プロフィール

ししょー

Author:ししょー
ばっきん…
罰金…


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた。

というわけで無事戻ってきました。と言っても再来週にまた行くんだけどね。

さて、帰ってきて最初にやったことがこたつ設置ってどうなのよと思いつつ
タッジーの文庫3巻とだいぶ遅ればせながら7SEEDSの9巻を買ってきました。
山口スレで3巻描き下ろしは番外編という情報を聞いてからというもの
ずーっと楽しみにしてたわけですが…

もうね最高。

なんというか読み終わってからも思い出してはニヤニヤしてしまいます。
今もニヤニヤしてしまいます。
どう見てもただの危ないヒトです、本当にありがとうございました。

正直ロッテは山口作品内ではそこまで人気のある主人公ではないかもしれませんが
個人的には大好きなので…三つ編みとか、微妙に後ろ向きな性格とかツボ。
後半はだいぶ明るくなったけど、基本的に不遇キャラだから惹かれるのかも。

じゃーシルヴィのほうはと言いますと、彼は山口作品唯一の作品をまたいで出てきて
なおかつ両作品で重要なポジションにいるキャラなので、読者的にも思い入れがひとしおです。
まーシルヴィのおかげでフィーメンニンとタッジーが繋がってると言えるわけですな。
フィーメンニンではいいとこ持ってかれてましたが、やっと報われたというか何というか。
よかったねシルヴィ(つД`)
…と、なるのが通常のパターンであります。が、しかし私の場合
実は読んだ順序がタッジー→フィーメンニンなのです。
なもんだから、フィーメンニンを初めて読んだ時の感想が
ああ、シルヴィにはこんな過去があったのね(つД`)ホロリ
と、こんな感じでリーナそっちのけですっかり彼が主役の連作状態。
例えるなら幻想水滸伝をⅡ→Ⅰの順にやるようなモノで…(実はこの順でプレイした)

おかしなテンションのせいで乱文になりそうなのでこのへんで。
きっと2、3日は思い出してはニヤニヤしてそうです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://elpietta.blog68.fc2.com/tb.php/97-1dfac666

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。